和市が自治功労者20人表彰 長寿記念品も

自治会長や各種委員などを長年務め、自治行政の振興に貢献した人をたたえる和歌山市の2024年度「自治功労章」の贈呈式が5日、七番丁の和歌山城ホールで行われた。尾花正啓市長が新規受章者20人を表彰し、これまでの受章者の中でことし90歳を迎える23人には長寿記念品を贈った。

市自治功労章は1937年に始まり、55年に条例で規定された表彰で、今回を含む受章者総数は3458人。例年、1889年(明治22)に市が誕生した開市記念日の7月5日に合わせて贈呈式を行っている。

式典では、尾花市長が受章者の代表に表彰状と記念品を手渡し、「受章者のたゆまない努力により、支え合いの温かい心が地域に根付いている。皆さんは市行政のパートナーであり、今後も市政発展を後押ししていただきたい」と式辞。続いて丹羽直子市議会議長が祝辞を述べた。

受章者を代表し、吹上地区連合自治会副会長の上郷修さんは「受章は身に余る光栄。私たちのこれまでの活動が、和歌山市の発展と住民福祉の向上に多少なりとも貢献できた結果と受け止め、これからもおのおのの経験を生かし、できる限りの努力を積み重ねていく」とあいさつした。

今回の受章者は次の皆さん。

【自治功労章】
〈連合自治会の会長または副会長、自治会の会長〉阿波保▽井邊孝夫▽小上純一▽上郷修▽塩谷輝彦▽新谷寛紀▽前田正治▽吉田伸一▽吉田正▽米田正
〈民生委員児童委員〉市川博康▽小倉以鈴▽佐野芳秀▽惣内菜穗美▽西出正美▽目良美惠子
〈地域安全推進員会の地区会長〉有田勝彦
〈婦人防火クラブの隊長〉上野眞知
〈防火委員会の会長〉兼村裕司
〈交通指導員の地区会長〉津村睿正

自治功労章の新規受章者の皆さん

自治功労章の新規受章者の皆さん

 

【長寿自治功労者】
〈90歳〉市川節子▽岩橋延直▽岩橋令▽尾﨑登志夫▽河口カヅヨ▽川口玉藏▽北村敬子▽下津由夫▽角田史子▽髙垣伊佐子▽髙橋幸雄▽竹本佐知子▽塚野佐江子▽角田明治▽鳥居信次▽名手隆子▽仁儀明子▽西本茂樹▽宮﨑巍▽山植清▽山口通▽山本俊夫▽山本良子

自治功労章の新規受章者の皆さん

長寿自治功労者の皆さん